WPF MVVM の世界(2)

ViewModelはとにかく View を参照しない=ViewModelの世界だけで画面遷移も実現する! でもって、それをUnitTest可能にする!! …やりたいことは分かるのだが、そこに至るまでの枠組みが面倒すぎです。

あと画面遷移部分の実装ぐらいはデザイナー側にまかせようみたいな流れを SketchFlow を見ていると感じる。今 SketchFlow を確認する余裕はないのだが。

そんなわけで、画面遷移についてのUnitTestは保留中。1画面の中での挙動についての ViewModel 作成だけをしばらくやってみる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。