RapidSSL 2048bit化

http://www.rapid-ssl.jp/rapidssl-news/archives/36

今年後半から2048bit化する。この時中間証明機関を導入するそうだ。RapidSSLで発行している証明書については、ユーザーに対して信頼性はあまり提供せず、単に経路を暗号化したいという用途で使っているので 1024bit でもいいか。

一方ショッピングサイトみたいなところは、EVSSLでちゃんと会社名を入れて運用したいところ。EVSSLのワイルドカードはさすがに存在しないようだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。