Mac OSX on Mac Book Air でシリアル接続

http://www.ytsuboi.org/wp/archives/1219 を参考に。しかもちょうど手元にあったのが SRC06USB だった。

まずはドライバのインストールをする。 http://www.ftdichip.com/Drivers/VCP.htm にあるドライバは、表示上CPUごとに分離されているがリンク先は同一。なのでx86かx64のどちらを選んでもよい。

デバイス名の確認は ls /dev/tty.* の代わりに ls /dev/cu.* を利用した。Un*xの伝統的に /dev/tty.* は受信用、/dev/cu.* が発信用であり /dev/cu.* を使う方が筋である。

そしてデバイス名と同一の cu コマンドで接続する。

sudo –u _uucp –l /dev/cu.usbserial-FTEIZDJ1 –s 9600

標準のエスケープコマンドが ~ (チルダ)なので、チルダを普通に送ることはできない。終了するには ~. (チルダ ドット)。_uucpユーザとして実行しなければいけないのは、実行時に排他制御のためのファイルを /var/spool/uucp/ 下に作ろうとするため。

screen が文字化けすることが多いという話が、/dev/cu.* に接続することで解決するなら screen の方が便利だろう。(未確認)

余談だがかつてIIJのUUCPサービスを利用して自宅にインターネットメールを配送していたりしたのが懐かしい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。