iSCSI 経由のドライブ消去

http://www.gmgsystemsinc.com/fau/ にある wipe.exe を利用

wipe.exe –w 00 \\.\PhysicalDrive 1 など。

対象の物理ドライブがどれなのかは iscsicli.exe sessionlist で表示し調査した。

Oracle RACのテストをしていて、投票ディスクに一度なってしまったディスクを改めてインストールに利用とするのに必要になった。

http://oracle-abc.wikidot.com/krown-120343 では fsutil を使って巨大ファイルを作成し、それで上書きをするという手順になっている。windows 2008 であれば diskpart で CLEAN ALL でいけるようだ(未確認)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。