Omni Focus For iPad

GTD の伴として利用を開始した。

「処理の時点で、結果をはっきりさせる」という作業がかなり大変。終了条件の設定はあらゆるプロジェクトの鍵だなあ、といつも思うのだけれど。

ツール特有の話題としては、プロジェクトの種類

  • 並列進行 : タスクが単に複数存在する状態
  • 順次進行 : タスクを順番に進めていく状態
  • 単独アクション : プロジェクトというほどでもない関連の薄いタスクに対するフォルダとして扱う。

単独アクションになると何が起こるかというと、「次のアクション=各プロジェクトで最初の項目」で内部のタスクが絞り込まれず、すべて表示されるようになる。通常はプロジェクトに属さない 「アクションのリマインダ」 に対して付与することになる。

この単独アクションに設定したプロジェクトを 「なんでも次のアクション」 という名称にしてみた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。