MSTest.exe で Unmanaged x64 DLL をテストする

“How to: Run a Unit Test as a 64-bit Process” http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee782531.aspx

変更する箇所は「テスト設定の編集」である。テストプロジェクトのプロパティにおける プラットフォーム ターゲット は “Any CPU” のままでよい。ここを x64 にしても無駄だった。

(調査の途中 http://blogs.msdn.com/b/danielvl/archive/2009/03/28/run-mstest-exe-as-native-64-bit-process.aspx CorFlags.exe で MSTest.exe を書き換えてしまう強引な手法にクラクラしたけど、VS2010で改善していたようだ)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。