ASP.NET MVC3 ModelBinder と EditorTemplates, DisplayTemplates

http://www.hanselman.com/blog/ASPNETMVCDisplayTemplateAndEditorTemplatesForEntityFrameworkDbGeographySpatialTypes.aspx

Razor で

@Html.EditorFor(model => model.Location)

と書くだけで、地図がどーんと出てきて、受け取り側のコントローラでは Model に値がちゃんと入っている、みたいなところが ASP.NET MVC3 で一番面白いところ。

なんだけど、独力でここまでたどりついて、 RenderPartial 禁止でやっていけるようになるのは中々に大変なわけで。理解しやすい、いい記事はないかと探索した。

日本語で読めるのは http://msdn.microsoft.com/ja-jp/magazine/hh781022.aspx このあたり。ただこの記事、使う立場というより、こんな機能ありまっせ的なのでどれを使っていいのか分かりにくい。

最初に試すなら http://www.sharpedgesoftware.com/Blog/2011/06/08/simple-time-picker-model-binder-for-aspnet-mvc-3-and-how-to-save-it-to-sql-ce-4-using-ef-41 こっちのがいいかな。

広告

ASP.NET MVC3 ModelBinder と EditorTemplates, DisplayTemplates」への1件のフィードバック

  1. […] ASP.NET MVC3 ModelBinder と EditorTemplates, DisplayTemplates « Mimori’s Algorithms Press. 共有:TwitterFacebookいいね:いいね最初の「いいね」をつけてみませんか。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。