AzureSDK1.8 の環境では Set-AzureDeployment cmdlet による更新に失敗する

http://social.msdn.microsoft.com/forums/en-us/windowsazuretroubleshooting/thread/d85427ea-83b9-4ec2-88da-1fea19d0c311

巨大ファイルのアップロードに対応していない、ということらしい。ちなみに現在手元の *.cpkg は 110MB程度

  • New-AzureDeployment であれば成功するので、まずはそれで対応
  • 恒久的な対応としては あらかじめ AzureBlob にアップロードしておき、 Set-AzureDeployment の引数には Blob へのURLを指定する。

C:/Program Files (x86)/MSBuild/Microsoft/VisualStudio/v11.0/Windows Azure Tools/1.8/Microsoft.WindowsAzure.targets にはBlobにアップロードするための仕組みは無いようだった。

(追記)

CloudBlobClient クラスによる UploadFromStream もやはり HTTPBadRequest(400) で失敗するようになっている。 http://social.msdn.microsoft.com/Forums/en-US/windowsazuredata/thread/b1b66cc0-5143-41fb-b92e-b03d017ea3c1 
nuget に聞いてみたら、本日 Windows Azure Storage 2.0.1.0 が更新されており、これで解決した。https://nuget.org/packages/WindowsAzure.Storage/2.0.1.0

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。