スリープ状態に移行するPowerShell コマンド

http://winscript.jp/powershell/239 より

$signature = @"

[DllImport("powrprof.dll")]

public static extern bool SetSuspendState(bool Hibernate,bool ForceCritical,bool DisableWakeEvent);

"@

$func = Add-Type -memberDefinition $signature -namespace "Win32Functions" -name "SetSuspendStateFunction" -passThru

$func::SetSuspendState($false,$false,$false)

をsleep.ps1 として保存しておいて実行する。

リモートデスクトップ経由でWindows8マシンを使っていると、電源メニューでは「切断」しか選択できず、shutdown.exe では休止またはシャットダウンしか出来ないために調べた結果。

ただし、リモートデスクトップ上でこのコマンドを実行してスリープに移行した後、すぐに手元のリモートデスクトップアプリケーションを終了させる必要がある。そうでないと再接続を試みてスリープ状態からすぐに復帰してしまう。(リモートからの接続時にスリープ状態からの復帰をしてくれるからこそ、節電のためスリープさせてもいいと思う訳ですが)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。